Shono Mercy Museum

デトロイトで現役で活躍するミュージシャン(ドラマー編)


Wilson Owens

デトロイトウィールズ(The Detroit Wheels)のミッチライダー(Mitch Ryder)のソロ時代のドラマー。 80年代にマディーウォーターズがデトロイト公演を行った時にドラムを担当している。 シンプルで芯をつくようなドラム。 とてもいいひとでお互いに時間を過ごした大切な親友。

Dennis Sikes

ロックな音だがシンプルなドラムをたたく。リズムが狂わない。 正直者で曲がったことは嫌い。

Johnny Johnson

繊細なリズムで狂わずバンドをリードし続けるようなスタイル。 私にとってドラムマスターだ。 Shono Mercyのファーストアルバムでドラムを担当している。

Mike Ziegeler

あだ名はズィギー(ZiDavid A.Watson. 内側から湧き出る活力を感じる私の大好きなドラマー 初めて会った時からほめていただき、彼が僕のデトロイトでの道を広げてくれた。 本当に感謝しており、一生忘れない。

Dan Durecki

筋肉がすごい力強いドラマー。 ロックが得意。

Donald Waddy

ファンクが得意なドラマー。 風格が熱い。

Miss Lee

91歳の現役ドラマー。50年代以前のジャズが得意。 イギリス出身で50年代に両親とともにアメリカへ。 ドラムは8歳のころ両親が買ってくれてから始めたらしい。また50年代はサーカスに所属して全米を回っていたとか。 おちゃめでかわいらしい方だ。

2021年2月6日

戻る