Shono Mercy Museum

Drew Hillによる元デトロイトウィールズJim MaCcartyインタビュー


Drew'sBlues Newsインタビュー
(この記事は2020年7,8月号のDrew Hillが担当している記事になります。元デトロイトモーターウィールズのJim MaCcartyのインタビューです)

デトロイトの街で育った私たちは、この神聖な町の出身であることに誇りを持っています。
Outsidersにとって、これは単なるデトロイトですが、私たちにとっては、私たちが誰で何であるかを表しています。
デトロイトは、長年にわたって多くの素晴らしい革新とアーキテクチャの改善を見てきました。
変化は素晴らしいものですが、過去70年間、同じことが1つあります。それは、世界で最も偉大な音楽都市であるという私たちの献身です。
この街は、これまで以上に多くの偉大な音楽家や伝説に恵まれたことで幸運です。
この非常に特別なインタビューで、私は伝説的なデトロイトのロックギタリストであるジムマッカーティと1対1で話し、彼の人生とキャリアについて深く理解しました。
ジムは、The Buddy Miles Express、Jimi Hendrix、Mitch Ryder、The Detroit Wheels、Cactus、The Rocketsなどのバンドと協力するプロのミュージシャンとして世界中で成功を収めており、多くのギタリストから影響を受けているとされています。
その中にはEddie Van Halen、Bruce Springsteen、TedNugentを含みます。


ドリュー:ジム、私と少し話をするためにあなたの夜の時間を割いてくれたことに心からの感謝を捧げることから始めたいと思います。 今夜はお元気ですか?

ジム:私は悪くないです、お元気ですか?

ドリュー:安全で健康を維持するために最善を尽くしています。 私は生きていて、祝福されています。

ジム:ええ、たわごとに対処するだけで、他に何ができますか。

ドリュー:たしかにそうでしょうね。 このコロナ検疫の間に行っていることについて教えてください。

ジム:まあ、それは私にとってそれほど大きな変化ではありません。 そもそも私は毎晩クラブに出かけている人ではなかったので、それほど大したことではありません。 私は人々に販売するCDを作っているところですが、基本的には決まったルーチンがあります。 ですから、私たちが「普通の人」と呼ぶほど私には影響を与えていません。 私にとって悪夢だった昨年と比べると、私は何年もの間最高の状態にあります。 身体的には元気です。

ドリュー:それは素晴らしいニュースです! CDを作っているとおっしゃいましたが、それについてもう少し教えてください。

ジム:私が過去に作ったCDを作るだけです。 たとえば、私のバンドのサボテンのCD、私のソロCDがあります。 ミュージシャンがこのパンデミックに取り組んでいないことを知っている全国のさまざまな友人がいるので、彼らはいくつかのCDを購入しています。

ドリュー:ジムは、あなたが設立した最初のバンド、ミッチ・ライダーとデトロイト・ホイールズについて少し話をしたいと思います。

ジム:ええ、それが私が組んだ初めてのバンドでした。

ドリュー:私が間違っていなければ、君たちは3枚のアルバムを作った。

ジム:ええ、3枚のアルバムと3枚のシングルがありました。

ドリュー:デトロイトホイールズで始めたとき、あなたは何歳でしたか?

ジム:20歳。

ドリュー:そして、あなたがそのグループでジョニー・ビー・バダンジェクと一緒に働いたことについて聞きたいです。

ジム:ジョンは16歳でした。

ドリュー:バンドが結成される前にあなたとジョンはお互いを知っていました。彼との友情について話しましょう。

ジム:実は、ジョンは今私から2ドア下に住んでいます。 私たちは過去30年間、お互いに同じ場所に住んでいます。 私は彼のおじいちゃん(おばあさん?)と私のおじいちゃん(おばあさん?)はお互いを知っていた。 私は人生の最初の15年間ドラムを演奏していたので、ギターを弾くことを自分自身に教えていたときにジョンのドラムレッスンを始めました。 ドラムのレッスンをしてから、ギターを手に取ってパッティングを始めて、一緒に演奏します。 かつてウッドワードアベニューのヴィレッジと呼ばれるこの場所があり、私たちはその会場に頻繁に行きました。 結局、ベースギターでアールエリオットと一緒にハウスバンドになりました。 ある夜、ビル・リーバイスという男が降りてきました。 私たちは彼をバックアップしましたが、何かが起こっていることは誰にでも明らかだったので、Billy Lee&TheRivierasというバンドを結成しました。 最終的にそれはニューヨークに行き着き、ミッチライダーとデトロイトホイールズになりました。

ドリュー:それ以来、あなたとジョニービーは一緒に演奏していますか?

ジム:それ以来ではありませんが、私たちはかなり一緒に演奏してきました。 私たちは10年間ロケッツをやりました。

ドリュー:それについて少し聞いてみましょう。

ジム:ロケッツは、サボテンで演奏した後、デトロイトに戻ったときに所属していたバンドでした。 デトロイトホイールズの後、私はロサンゼルスでバディマイルズと提携し、彼の最初の2枚のアルバムで演奏しました。 私がデトロイトに戻ったとき、ジョンと私は何かをまとめることについて話し始めました。 ロケットについてです。

ドリュー:ロケットは簡単に私のお気に入りのバンドの1つです。 皆さんは、5つのスタジオアルバムと、Royal Oak MusicTheatreで録音されたライブアルバムを録音しました。

ジム:ええ、その通りです。 Rocketsは素晴らしいバンドでしたが、TheRomanticsのように大ヒットしたシングルはありませんでした。

ドリュー:ロケッツで行ったお気に入りのショーは何でしたか?

ジム:2回目にパインノブを演奏したとき、ショーのチケットは完売しました。 それは私たちのTurnUp theRadioアルバムが「OhWell」でリリースされていたときでした。 それはバンドがこれまでに作った最大のアルバムでした。 その時バンドは熱く、その年にパインノブをやりました。それは素晴らしいショーでした。 パインノブで大勢の人でショーをしましたが、バンドと共に南下し始めました。 そのゴールドリングのチャンスはそれほど多くありません。5枚のアルバムの後でヒットレコードを思い付かないと、少し腹が立つようになります。

ドリュー:そうだったのですね。私は他の多くのデトロイトの音楽ファンと同じく、ロケッツの大ファンです。私はすべてのアルバムを持っていて、私の謙虚な意見では、それらはすべてヒットだと思います。

ジム:それは確かにデトロイトのバンドでした。デトロイトではビッグバンドでヒットバンドでしたが、デトロイトの外ではオープニングアクトであり、別のワーキングバンドでした。

ドリュー:私が最も重要だと思うのは、今日まで、ロケットはまだデトロイトで歓迎されていますよ

ジム:まあ、それは素晴らしいバンドでした。 ジョニービーはそのすべてのものの大部分を書いた。

ドリュー:あなたもそのバンドのために素晴らしい曲をいくつか書いたね。 Love Me Once AgainとRamonaは、ロケッツの最高の曲の2つです。

ジム:ありがとう、Turn Up TheRadioのアルバムはバンドがこれまでに作った中で最高のものでした。 ジョニーサレンはジョージアでそれを生み出しました。

ドリュー:ジム、ギアを少しシフトしましょう。 あなたの息子のディラン・マッカーティはドラマーです。 彼が音楽業界にいることをどのように感じますか?

ジム:彼は私のバンドのミステリートレインでドラムを演奏しています。

ドリュー:息子と一緒にステージで音楽を演奏するのはどんな気分ですか? それは特別で誇り高い気持ちでなければなりません。

ジム:そうそう、それは素晴らしいことだ。 それはとても素敵です。 そのようなことが起こるほど幸運な人は誰もいません。 とても楽しいですが、これをお伝えします。彼がそれをカットしなければ、彼は私のバンドにはいなかったでしょう。 彼は私の息子だからという理由だけでそこにいるのではなく、彼はとても良いドラマーだからです。

ドリュー:たしかにおっしゃるとおりです。私はあなたのバンドを何度も見ました、そして彼は私が今まで見た中で最高のライブドラマーの一人です。

ジム:うん、彼はドラムを叩くことができる。

ドリュー:ジム、多くのミュージシャンがあなたのようなミュージシャンになるためのインスピレーションだと信じていますが、それはあなたにとってどのように感じますか?

ジム:インスピレーションはあなたを本当に気持ちよくさせます。 あなたがやろうとしていることを人々が評価するとき、それは常に素晴らしいことです。 何年にもわたって、サボテンはほとんどのギターファンを刺激したように見えるバンドでした。 それはただのパワートリオでした...それはただのギター、ベース、そしてドラムでした。 そしてカーマイン・アピスは、これまでに生きた中で最も偉大なドラマーの1人です。 何年にもわたって、Eddie VanHalenを含む多くのギタリストに、彼がサボテンをどれだけ楽しんだかを教えてもらいました。

ドリュー:私が間違っていなければ、ブルース・スプリングスティーンもそれに含まれているのでは?

ジム:それについては古い話があります。 私のギターの1つは、クリーブランドのロックの殿堂で、ミッチライダーとデトロイトホイールズの時代から展示されています。また、ジョニービーのステージで使用された服も展示されています。 殿堂入りをしている人の一人が約10年前に電話をかけてきて、「ここに男がいて、美術館を案内している。ギターのところに来て、ああ言った。 マッカーティ!あなたは素晴らしいギタリストだ!ある時私のバンドが東海岸近くのギタリストでサボテンと遊んでいたとき、彼らが別のギタリストを探していると聞いたので、マッカーティに近づいて私の番号を教えました。 興味があればバンドで遊んでみたい」と大ファンが言ってきた。殿堂入りを果たした友人は、その男に電話をかけたことは一度もないと言った。 その後私はこの男は誰であるか聞きました。そしたら ブルース・スプリングスティーンだと彼は私に言った。 だから私はあなたにしてほしいことをここに言った。 私はあなたにブルースを抱きしめて、彼がギアを欲しがっているなら申し出がまだ有効であることを彼に伝えて欲しいです。そして私は彼に週に250ドルを払うことを保証しますよ! 笑

ドリュー:それはヒステリックです!笑 ロックの殿堂のテーマに取り組んでいる間、私はミッチライダーとデトロイトホイールズと一緒に、あなた自身がまだ受け取っていないという事実を提起しなければなりません

ジム:具体的には私、またはミッチライダーとデトロイトホイールズ?

ドリュー:両方ジム:いいえ、特に紹介されることはありません。私はエリッククラプトンではありません。しかし、ミッチライダーとデトロイトホイールズです。 音楽の殿堂(Hall of fameのこと)に入れられるべきだったはずです。私たち全員が知っているように、それには政治的なことがあります。ミッチは何年にもわたって、あちこちで数人の人々を疎外していたのではないかと思います。話が何であるかはよくわかりませんが、 ダスティ・スプリングフィールドをロックの殿堂に入れるつもりなら、ミッチ・ライダーとデトロイト・ホイールズがそうではないことはあまり意味がありませんが、それが判明した方法です。それは何かではありません。

ドリュー:デトロイト・ホイールズだけでなく、多くの人があなたを特別に迎えることを提唱していることを知っておいてください。 あなたの長く延期された誘導を受け取るために。 ジム:それはいいことですが、私が言ったように、それはそれが何であるかです。 その大したことはそういうことではありません。

ドリュー:ジム、ロックンロールでのキャリアについて話しましたが、ブルースも大好きです。 それについて話していただけませんか。

ジム:特にこの町では、私がロックギタリストであるのと同じくらいブルースギタリストであることを人々は知っています。 私のソロアルバムLive at Callahans、Volume1とVolume2は、ブルースギタープレーヤーとしての私の資格をほぼ確立しています。

ドリュー:自分でそれを上手く言うことはできなかった。どちらのアルバムもしっかりしていて、力強く、バラエティに富んでいる。 次にお話ししたいのは、とても魅力的なことです。 あなたはジミ/ジミージャムと呼ばれるジミヘンドリックスのアルバム「ナイントゥザユーニバース」で演奏しました。 その経験はどのようなものでしたか? ジム:私がバディマイルズ(元ヘンドリックスドラマー)と一緒に働いていたとき、ジミはバンドを結成することについてバディと話していたので、いつもやって来ていました。 それで私はいつも彼にぶつかりました、そして彼はいつもジャムをするのが好きでした。 クラブは午前4時に閉まり、彼はレコードプラントに戻って、太陽が昇るまで演奏しました。 それで、バディと私は彼と遊びに行き、ジャムの1つがナイントゥザユニバースでリリースされました。

ドリュー:ジミ・ヘンドリックスと一緒にギターを弾いているスタジオに立っていたときのことを思い出すのは非現実的だろう。

ジム:一緒にアルバムを作ったんだけど、ヘンドリックスはバディマイルの2枚目のレコードの半分をプロデュースした。 それは間違いなく、コントロールルームにジミがいるスタジオにいるのは少し目を見張るものでした


"お楽しみいただけましたでしょうか。続きはまた次回公開します"翻訳by Shono Mercy
®Detroit Blues Society

2021年2月8日23:05

戻る